レモンマートル専門店 クルッティ レモンマートル専門店 クルッティ
  • 精油オーストラリア
  • 精油世界
  • ナッツオイル
  • 関連商品
  • ティ
  • フード
  • ブッシュフード
  • スーパーフード
  • ハニー
  • ギフト
カートの中を見る

カートを見る

レモンマートル普及会へようこそ

レモンマートル普及会とはレモンマートル(茶葉:1.5mm6.3mmのカット、パウダー、エッセンシャルオイル)を原料とした商品を取り扱っているお店、会社がメンバーとしてご参加頂く会です。そして、日本の唯一のレモンマートル農園とハーブコンサルタントも既にメンバーとしてご登録頂いております。
目的は、このオーストラリア産の日本ではあまり知られていないレモンマートルを紹介し広げることです。このハーブの葉やオイルを材料として、ティーやお菓子、バスソルトやマッサージオイルなど様々な利用方法があり商品化されていることをご理解頂き、皆様の目に留まれば幸いです。また、世界民族料理研究家の方より様々なレシピも紹介されます。
レモンマートル普及会のメンバーはレモンマートルに関する情報の提供だけではなく、それぞれのメンバーのビジネス活動やその内容などもお伝えしてゆきます。
メンバーの紹介は次の通りです。


区切り線

名前         富田
お店         トミーグリーン (日本唯一のレモンマートル農園)
住所         静岡県牧之原市大江1698番地
リンク       http://www.geocities.jp/tomi19930410/
栽培面積      ハウス2000㎡ 露地1000㎡
栽培種品目    ゴールデンアロマ、レモンマートル、ハーデンベルギア、アイビー他
説明         レモンマートルとの出会いについて、紹介します。平成10年同業者の方から紹介されたのですが、その香りにびっくりしました。
他のレモンの香りのする植物の持つ青臭さが無く人工的に作り上げた香りのような気がして自然の植物でこんなにもいい香りがするレモンマートルにとりこになり、その生産者の方に4年通ってやっと1鉢譲っていただいき育て今に至っています。

レモンマートルの管理法
レモンマートルは病害虫に強く病気には特に強い植物なので、夏などあまり蒸れて湿度の高い条件に置かない限り心配は要りません。害虫はと言うとアブラムシ、カイガラムシ、葉とじ虫など付きますがひどい食外にはなりませんので気が付いたとき人界戦術で採取されれば良いと思います。
温度管理ですが、高温には強く日本の条件で枯れることは無いと思います。寒さですが、霜が降りるような所では天芽が枯れてしまいますので、風とうしの良いところに置くのが良いと思います。静岡で−3度の時がありましたがその時はかなり傷みました。

水やりは、水を好む植物ですので暖かい時期は葉のしおれ具合を良く見て土が乾いているようでしたらたっぷり与えてあげてください。冬場は特に土の乾き具合を見て与えてください多くの方が冬植物を枯らしてしまうのは植物が必要としていないのに水を与えてしまうからです。

富田さん


区切り線

名前      香菜 緑(かな みどり)
お店      世界民族料理研究家
自己紹介   私は世界民族料理研究家として、世界100カ国の料理をその文化とともに紹介する仕事をしています。

☆異文化を食べよう!☆ オーストラリア・シドニー編という講習会を開いています。

講習会の詳細は次の通りです。
第1回目
《感想》
11月3日吹田市における講習会でのレモンマートルティのご感想です。
「わー、レモンのいい香り!」
「このお茶、とてもおいしいですね〜」といった声が18名の受講生のみなさんから聞かれました。
しきりにおかわりをして楽しんでいましたよ。

クレイグさんから教えていただいたレモンマートルティについての歴史もご紹介し、送ってくださったレモンマートルの葉っぱも回して、手にとって見てもらいました。
みなさん、初めての味と香りにすっかり魅了されたようでした。

第2回目
《概要》
オーストラリアの民族料理ってあるの?そんな疑問にお答えします。
世界一安全なオージービーフや旬の鮭を使って、作るのが楽しくなるような料理のご紹介!
メニューはサーモンバーガー、牛肉のワイン煮、ラミントンです。

日時       2007年11月18日 日曜日 10:30〜1:30
場所       豊中市立蛍池公民館 5階 料理室
          (阪急宝塚線・大阪モノレール 蛍池駅 駅ビル内)
参加費     2000円
持ち物     ふきん
申し込み先  世界民族料理研究家 香菜 緑(かな みどり)

《感想》
私がシドニーへ取材旅行し、オーストラリアの食事について文化的背景を交えてお話したあと、料理の実習、みんなで食事を楽しみました。
アボリジニーが昔から食べていたレモンマートルのティももちろん試飲しました。クレイグさんに教えていただいたレモンマートルの歴史などもご紹介すると、みなさん興味津々なご様子でした。

レモンマートルティを飲んでみて、「おいしいから何杯でも飲める!」、「レモングラスのお茶よりおいしいですね」など、大好評でした。

札幌ではレモンマートルの茶葉を入れたパンやケーキを売っているお店があると紹介すると、「いいなー、食べてみたい!」「大阪でも売ってほしい」といった声も聞かれました。

第3回目
2008年1月23日になります。詳細は後ほどでご案内致します。

福島さん

イベント風景


区切り線

名前      山口
お店      Shuwary
自己紹介   はじめまして、シフォンケーキ専門店【シュワリ】の山口と申します。オーガニック志向の素材を使ったシフォンケーキを、ネットショップとして日本中へお届けしています。。

イベント風景

また、NPO法人オーガニック協会(EUOFA)の理事として、微力ながらオーガニックの考え方を少しでも広めようと活動しています。 今後、こちらの会でもときどき執筆させていただくかと思いますので、よろしくお願いいたします。 さて、レモンマートルとの出会いは2005年の春、クレイグさんからのご紹介がきっかけでした。「オーガニックフェスタ」というイベントにお互いに出店していて、終了間際にサンプルをいただいたのです。その香りには驚かされたものでした。 その後、北海道と東京の距離を越えて、メールや電話でやり取りしながら試行錯誤すること1年、ようや完成したのが
「レモンマートルシフォンケーキ」。おかげさまで、雑誌『Hanako』でもご紹介いただいたりと、ご好評をいただいております。


イベント風景

オーストラリアの大地が育んだこの爽やかな香りを、しっとりふわふわのシフォンケーキに乗せて、これからも多くの方にご紹介してまいります。 皆様とご一緒に、レモンマートルの魅力を拡げて行ければと思います。よろしくお願い申し上げます。

区切り線